先ほどのページへ
TOPページはこちら

ページ編成のご案内


検索文字を入力してください。 
クリック
  1. 資本論入門
      マルクス・『資本論』などと、他の分類・ジャンルにまたがるもので、『資本論』関係が主体となるもの。
  2. ヘーゲル哲学
      ヘーゲル関連が主体となるもの。マルクス・『資本論』の文脈でヘーゲルが不可欠の場合は、「ヘーゲル哲学」の区分に入れる。
  3. 西洋と科学史
      マルクス・『資本論』の理解のために、西洋史の基礎的文献。
  4. 資本の世界史
      歴史上、経済史を構成する領域を含む。
  5. 文献資料
      考古学や古典派経済学などマルクス・『資本論』読解に参照すべきテキスト。また、”蒸留法?”批判など文献を収録。
  6. 用語解説
      各種用語・文献の解説