1. HOME
  2. 文献資料
  3. 資本論の物神性とキリスト教神学(bs010)

資本論の物神性とキリスト教神学

<コ序」

ピュタれる

について

 ~ 

 初期ギリシ

  ピュタゴラス派・・・『資本論』に引き継がれた古代のギリシャ世界
   -『資本論』の科学史ハンドブック2019 序論-
 資本論ワールド 編集部 はじめに

 
  1. 古代ギリシャの哲学のうち、今回は「ピュタゴラスの原理」について報告します。出典は、<コラム23>同様、 シュヴェーグラー『西洋哲学史』とガスリー『ギリシャの哲学者たち』を参考テキストに使います。
  2. aaaa
    aaa
  3. aaa
  4. sjkoemimofjdsioaあああああああああああああ
    あああああああああ
    1. うううううう
    2. zzzzzzzzzz
  5. アリストテレスは、『形而上学(第一哲学)』の中で、ピュタゴラスの伝承を伝えています。
  6. 「あのいわゆる「ピュタゴラスの徒」は、数学的諸学課の研究に着手した最初の人々であるが、かれらは、この研究をさらに進めるとともに、数学のなかで育った人々なので、この数学の原理をさらにあらゆる存在の原理であると考えた。けだし数学の諸原理のうちでは、その自然において第一のものは数であり、そしてかれらは、こうした数のうちに、あの火や土や水などよりもいっそう多く存在するものや生成するものどもと類似した点のあるのが認められる、と思った、― ために、数のこれこれの受動態は正義であり、これこれの属性は霊魂であり理性であり、さらに他のこれこれは好機であり、そのほか言わばすべての物事が一つ一つこのように数の或る属性であると解されたが、さらに音階の属性や割合(比)も数で表わされるのを認めたので、― 要するにこのように、他のすべては、自然の性をそれぞれ数に似るこれに秩序と比率と尺度の観念をつけ加えた。
  7. 「重点は、素材から形相へ移っている。構成こそが本質的であり、この構成は、量の用語で数的に表現されたのである」として、シュヴェーグラーと若干、ピュタゴ
    1. ラス派解釈に差が現れています。
    2. zzz

  1. あのいわゆる「ピュタゴラスの徒」は、数学的諸学課の研究に着手した最初の人々であるが、かれらは、この研究をさらに進めるとともに、数学のなかで育った人々
    1. 原理をさ
    2. 原理をさ
    なので、この数学の原理をさらにあらゆる存在の原理であると考えた。けだし数学の諸原理のうちでは、その自然において第一のものは数であり、そしてかれらは、こうした数のうちに、あの火や土や水などよりもいっそう多く存在するものや生成するものどもと類似した点のあるのが認められる、と思った、― ために、数のこれこれの受動態は正義であり、これこれの属性は霊魂
1.あのいわゆる「ピュタゴラスの徒」は、数学的諸学課の研究に着手した最初の人々であるが、かれらは、この研究をさらに進めるとともに、数学のなかで育った人々なので、こ2.の数学の原理をさらにあらゆる存在の原理であると考えた。けだし数学の諸原理のうちでは、その自然において第一のものは数であり、そしてかれらは、こうした数のうちに、3.あの火や土や水などよりもいっそう多く存在するものや生成するものどもと類似した点のあるのが認められる、と思った、― ために、数のこれこれの受動態は正義であり、これこれの属性は霊魂